11月26日 出演者:早川祐三さん(早川倉庫3代目)/ Kumi Hitomiさん(アートディレクター、グラフィックデザイナー、日本酒ソムリエ)

11月のC.schoolは、なんと最終回!出演者はこちらのお二方!

早川倉庫を受け継ぐ3代目。早川祐三さん

毎回C.schoolの会場として使用させていただいてきた、早川倉庫。この場所、実は歴史ある貴重な建物なのです。どんな歴史を経て来たのか?どうやって守り抜いて来たのか?街に古い建物を残す、難しさなど。今日まで学び舎としてお世話になった早川倉庫を知ると共に、熊本の今までとこれからを考える、貴重な機会。今から楽しみですね。

デザイナーであり、日本酒ソムリエ。Kumi Hitomiさん

東京とNYで経験を積み、幅広いジャンルのデザインを手がけられているKumi Hitomiさん。2005年、2010年には、グッドデザイン賞も受賞されています。日本酒ソムリエとしても活躍され、日本酒のセレクションやキュレーション、輸出までも手がけられています。どうやってこれまでのキャリアを築かれたのか?多岐に亘る仕事をこなす、秘訣とは?そして、実は元酒蔵の早川倉庫。この場所で聞く日本酒のお話、必聴ですね!

 

私たちロジックメンバーと一緒に、あなたも「働くを楽しむ」について学んでみませんか。
ご参加お待ちしております。

  • 日時:2019年11月26日(火)19:00〜
  • 場所:早川倉庫

  • 参加費:無料

 

早川 祐三/早川倉庫3代目
1978年生まれ。
熊本学園大学卒業。熊本市内某ホテルのレストランやラウンジ勤務。その後同ホテルの調理部門を経て、2006年合名会社早川倉庫入社。倉庫業の合間に荷物の配置換え、清掃、内装の変更を施し、2011年4月東日本大震災チャリティーイベント開催を機にイベント受け入れ開始。その傍ら音楽制作、演奏活動を現在も続けている。その他、町屋の保存活動(新町・古町町屋研究会)。熊本ふるまち酒蔵まつり主催。築180年の町屋を使用したゲストハウスを開業(guesthouse426)。現在2棟目の開業を目指しセルフリノベーションを試みながら迷走中。地元消防団の分団長も務める。
Kumi Hitomi/アートディレクター、グラフィックデザイナー、日本酒ソムリエ
1976年東京生まれ。Pratt Instituteを卒業後、NYと東京で経験を積み、2006年HI company設立。
グラフィック、パッケージ、ブランディング、広告、ウェブ、アプリ、映像、商品開発、翻訳等、幅広くデザイン・ディレクションしている。小さなブランドから大企業まで国内外のクライアントは多岐にわたる。 2005年、2010年グッドデザイン賞受賞。紙と印刷加工に詳しく多数のデザイン書籍に作品が掲載されている。
また日本酒ソムリエとして、日本酒のセレクションやキュレーション、輸出も手掛けている。
Category:
Date: