川上 優子さん

Yuko Kawakami

C.school 第7回のゲストプレゼンターは<一般社団法人スポーツコア>代表理事の川上優子さんと、<株式会社nalu>代表取締役のみなみなおこさんでした。お一人目の出演者は、川上優子さん。

夢を実現するために大切な3つのこと

川上優子さんは、1996年のアトランタ、2000年シドニーの2度のオリンピック出場経験を持つ元陸上選手です。川上さんが考える「夢を実現するために大切なこと」についてお話していただきました。

1.決定すること

川上さんは、夢を実現するためにはまず「決定すること」が大切だと言います。

そこで川上さんが実際に決定されたのは、「駅伝で日本一になること」。まずそれを達成するんだと、心に決めることが大切だとのことでした。

2.受け入れること

目指すものが決まったら、その達成のために自分に足りない部分を受け入れ、今何に取り組むべきか正しいジャッジをすることが重要。どんな課題も乗り越える覚悟が、受け入れるということなんですね。

3.自分を信じること

あとは自分を信じること。出来ると信じてやり抜くことです。自分より上の他人と比較せず、過去の自分と比較して、日々更新していく。それが夢を実現するために重要なんですね。

イメージトレーニングの重要性

そのうえで、川上さんがオリンピックという大舞台でも結果を出すことができたのは「イメージトレーニング」のおかげ。例えば陸上の400m走を10本走る練習が課されたとします。川上さんは、ただ良いタイムを目指してその10本を走るのではなく、長距離のラストスパートを10回やるつもりでイメージして走られていたそうです。本番で体が正しい反応をするようになるには、日々の練習でいかに追い込み、本番の緊張感までもっていくことができるか、これで差が出るそうです。

短所と長所を受け入れる

この緊張感の中で見えてくる「短所」と「長所」。

特に日本人は短所に目を向けがちで、「短所をクリアすれば完璧になる」という思考の人が多いよう。そうではなく長所に目を向け伸ばすようにした方がよい、というのが川上さんの言葉。自分が好きなこと、打ち込めることは武器にできる可能性があり、むしろ勝負の際はその武器を出さないと勝てるわけがない。決して、他の人より優れているかどうかではない。これを受け入れ、自身の武器を見つけることが要と、川上さんは言います。

“Teaching”ではなく“Coaching”

現在は実業団の陸上チームにて指導者として陸上競技に携わられている川上さん。大切にしているのは、“Teaching”ではなく“Coaching”するということなのだそうです。

指示に対して有無を言わせず「はい」と従わせる“Teaching”スタイルで指導すると、なぜその練習をやるのか理解しないまま行動するチームになってしまう。

自律したチームを作るには、自分で考えさせ、困った時や悩んだ時に手助けする“Coaching”スタイルで指導することが必要だと、川上さんは仰います。

この辺りは会社の中の組織づくりにも通じる内容で、非常に参考になるお話でした。

「夢を叶える」ということ

年を経るごとになかなか「夢」の話もしなくなってくる社会人。自分の夢を確実に叶えた川上さんのお話に、忘れかけていた目の輝きが息を吹き返すような心地でした。

決めること。覚悟すること。私たちはどうやらそこを怠ってきたのではないか・・・。そこが曖昧だったから、他人と比較して一喜一憂し続けてきたんじゃないか。そんな反省にもかられました。

夢に向かって突き進む、そんな前向きな姿勢をもらった貴重なお話。

川上さん、ありがとうございました。

 

この日のご共演頂いたみなみなおこさんさんのレポートはこちら
川上さんと事前に擦り合わせをされたのだろうかと思うような親和性のあるお話で、この日のご講演をより深く理解できる内容でした。

 

毎回、スクールの様子はお伝えしていますが、テキストではお伝えできない会場の熱気や雰囲気などは、ぜひ体感いただきたいところ。
次回C.school第9回 出演者は・・・

 

●椿原ばっきーさん / PRディレクター、熊本クラフトコーラ 発起人
●田村祐一さん / 銭湯の革命家

 

こちらも面白い回になりそうです。
9/24(火)19:00から、予定を空けておいて下さいね!

 

 

多彩な講師陣と私たちロジックメンバーと一緒に、あなたも「働くを楽しむ」についてともに学んでみませんか。
ご予約お待ちしております。

川上 優子/一般社団法人スポーツコアの代表理事
1996 年アトランタオリンピック 女子10,000m 7 位入賞、2000 年シドニーオリンピック 女子10,000m10 位と2 大会連続でオリンピック出場。全日本実業団対抗女子駅伝大会では、OKI(当時の沖電気宮崎)の3 度の総合優勝にも貢献する。現在は、2017 年8 月に一般社団法人スポーツコアの代表理事として、また日本陸上競技連盟ランニング普及委員として活動。
Category:
Date: